• 2007.03.13 Tuesday
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | -

  • 2006.06.27 Tuesday 01:20
  • ロシアン・ドールズ(Les Poupees Russes)
  • by rico0729
les poupees
やっと観れたーやっと観れた!!
上映終了日にぎりぎり間に合った!

これの前編のスパニッシュ・アパートメントはほんと見続けて、お世話になってて大好きな映画の一つ。
だから今回の“ロシアン・ドールズ”もかーなーり楽しみにしてました。
でも、、、、、
☆☆☆★★
二つ星だったな、、、
なんか映像に前より凝っててそれはかっこいいんだけど、
ストーリーのキレの良さがなくなっちゃっててちょっと中だるみしちゃう感じだった。
もっかいDVD出たら観たいけど。


ところでなんか毎週この時間にテレ東でやってる
“ROCK FUJIYAMA”って番組がなにげにおもしろい。
と思ってたらなんとLAからお届けだって!!!
どおりでADとかも外国の方なわけだ。笑
ゲストにもよるけど、NIRVANA、KISSとか、
毎週けっこうごりごりのロックを紹介してくれます。
テレ東コアなとこいくな〜笑
ローリーとか久々みたし。
でもおもしろいですこの番組。




ーーーー
さて、なかなか充実した日々を送っております。
そんな日々の中で要所要所で痛感するのが、
“伝える”ことの難しさ。
やっぱり結局最後は言葉にしなくちゃいけない。
となると、“こんな感じ”では済まされなくて、
起承転結原因結果、きちきちっと整理して論理的に組み立てなきゃいけない。
しかもその流れを崩すことなく、
ときには文字とか、図にして提示しなきゃいけない。
でも“自分の考えてることを相手に伝える”なんてことは、
日々の生活のなかで自然とやっていることで全然難しいことではなくて、
難しいと感じてしまうってことは、
自分の中で整理ができていないとか、
対象についての自分の知識が足りないとか、語彙が足りないとか、
そういうことなんだよね。
ほんと、何事も基をたどればシンプルなことのはず。
こういうblogっていうものも、
“誰かに見られている”っていう緊張感を持ちながら
自分の思考回路を露呈することで、
かつ自分の頭を言語化したものを多少客観的に見ることで、
同時に自分の頭の整理をして、
本質を見つけようとする行為なんだろう。

でもやっぱり、言葉を補ってくれるのは、
視覚(映像)だったり触覚(実物)だったりもするわけで、
“百聞は一見にしかず。”という名言も存在する。
そしてその“一見”のときには、
“群盲像を評す”という教訓も忘れちゃいけない。
話はそれたけど、
自分の考えだしたものを伝えるために、
話す言葉とか、読ませる言葉とか、
視覚を満たす映像、実感を与える実物を利用する。
あらゆる有効な手段を駆使するための方法を、学ぶ。
つくる、生産する、という行為は、
自分を整理することで、自分を客観的にみて、
すなわち得意も弱点も自分を知ることで、
それをいかに表現して伝えるのかを学ぶことで、
さらにその手段の中にはロジックとか感性が必要不可欠。
その意味ですごく総合的な力を必要とされるもので、
多角的な視点とか、
それでいて専門的な知識も同時に必要で。

単純に“ものづくり”とはいっても、
そういうものを学ぶことなんだな、
と思う今日この頃です。

  • 2007.03.13 Tuesday 01:20
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク
  • - | -

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://rico0729.jugem.jp/trackback/86
 
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
陰日向に咲く
陰日向に咲く (JUGEMレビュー »)
劇団ひとり
劇団ひとりさま。
かなりおもしろい。
泣ける。
あったまいいなぁ。。。
RECOMMEND
パリノルール 最新版
パリノルール 最新版 (JUGEMレビュー »)

去年パリに行ったとき、
かなりお世話になった本。
読んでるだけでわくわく。
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.